1. ホーム
  2. チェスト テレビ台 ローボード サイドボート リビングボード 引き出し 幅70×奥行39.5×高さ44cm ロータイプ 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット 11日までポイント最大43倍/完成品 タンス te-0135/te-0141 台所 おしゃれ 収納棚
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
11日までポイント最大43倍/完成品 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット ロータイプ 幅70×奥行39.5×高さ44cm 引き出し リビングボード サイドボート ローボード テレビ台 チェスト タンス 収納棚 おしゃれ 台所 te-0135/te-0141
チェスト テレビ台 ローボード サイドボート リビングボード 引き出し 幅70×奥行39.5×高さ44cm ロータイプ 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット 11日までポイント最大43倍/完成品 タンス te-0135/te-0141 台所 おしゃれ 収納棚 テレビ台・ローボード
チェスト テレビ台 ローボード サイドボート リビングボード 引き出し 幅70×奥行39.5×高さ44cm ロータイプ 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット 11日までポイント最大43倍/完成品 タンス te-0135/te-0141 台所 おしゃれ 収納棚 テレビ台・ローボード
kau40038-12611
10,860円 22,440円









■商品について/圧迫感なくスッキリと見せるならロータイプがお勧め!リビングや色んな場所でごちゃつく物を綺麗に大量収納でき、どんなお部屋にも合うデザイン・色合いのスクエアキャビネットが登場!シンプルなデザインながらも、様々な便利機能を兼ね備えたキャビネットです。木の質感をリアルに表現しているこだわりのシートを使用しています。モノトーンや北欧のテイストのお部屋になじむホワイト色と、カントリーなどのテイストに合うナチュラル色の2色展開。単体でのご使用や、シリーズで揃えてのご使用など様々な使い方ができます♪天板はテレビを乗せても大丈夫な作りでテレビ台としてもご使用可能。リビングはもちろん、書斎や寝室、ランドリーなどでも活躍する便利なスクエアキャビネットです。

■商品の仕様/前板・天板:強化プリント紙化粧繊維板、その他:プリント紙化粧繊維板

■商品サイズ/本体:(約)幅70×奥行39.5×高さ44cm、引出有効内寸:(約)幅26×奥行33.5×高さ12cm

■商品重量/(約)17kg

■商品耐荷重/天板:80kg

●日本製■完成品

●本製品はメーカー直送品のため、代引き不可となります。
●東北・北海道・沖縄・離島へのお届けは別途御見積りとなります。
●お客様都合による返品・交換はお受けできませんのでご了承ください。
●商品のお届けは玄関先までとなります。組み立て・設置につきましては、お客様側で別途業者にご相談ください。
●商品の仕様やデザインは、変更となる場合がございます。
●在庫の変動がございますので、在庫のない商品につきましてよりお断りする場合がございます。


チェスト テレビ台 ローボード サイドボート リビングボード 引き出し 幅70×奥行39.5×高さ44cm ロータイプ 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット 11日までポイント最大43倍/完成品 タンス te-0135/te-0141 台所 おしゃれ 収納棚 テレビ台・ローボード

チェスト テレビ台 ローボード サイドボート リビングボード 引き出し 幅70×奥行39.5×高さ44cm ロータイプ 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット 11日までポイント最大43倍/完成品 タンス te-0135/te-0141 台所 おしゃれ 収納棚 テレビ台・ローボード

チェスト テレビ台 ローボード サイドボート リビングボード 引き出し 幅70×奥行39.5×高さ44cm ロータイプ 日本製【SQUARE】スクエアキャビネット 11日までポイント最大43倍/完成品 タンス te-0135/te-0141 台所 おしゃれ 収納棚 テレビ台・ローボード

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS