1. ホーム
  2. SFP+モジュール AR-SFP-10G-T-ST 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ Networks製SFP-10G-T互換 Arista
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
SFP+モジュール Arista Networks製SFP-10G-T互換 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ AR-SFP-10G-T-ST
SFP+モジュール AR-SFP-10G-T-ST 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ Networks製SFP-10G-T互換 Arista その他
SFP+モジュール AR-SFP-10G-T-ST 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ Networks製SFP-10G-T互換 Arista その他
ZU2020Z-11329
14,220円 41,972円

StarTech.com SFP+モジュール Arista Networks製SFP-10G-T互換 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ AR-SFP-10G-T-ST AR-SFP-10G-T-ST
商品詳細
AR-SFP-10G-T-STは、Arista Networks製SFP-10G-T互換の銅線SFP+トランシーバモジュールです。
Arista Networksブランドのスイッチ/ルーターでの使用を想定した設計・プログラミング・テストが行われています。
銅線ケーブルで、100/1000/10000Base-TX準拠10GbEネットワークの安定した接続機能を提供します。
最大で30mの距離に対応します。
技術仕様:(最大データ転送レート)10Gbps、(タイプ)銅線、(接続タイプ)RJ-45コネクタ、(最大転送距離)30m、(MTBF)510469759時間、(消費電力)1.0W以下、(デジタル診断モニタリング[DDM])対応。
この SFP+ 銅線 モジュールはホットスワップに対応しています。
ネットワークの中断を最小限に留めながらシームレスなアップグレードと交換が可能です。
StarTech.com製SFP および SFP+トランシーバモジュールには、すべてライフタイム保証と無期限無料技術サポート(多言語に対応)がついています。
StarTech.comでは、安定したネットワーク性能の実現に必要な信頼性と利便性を備えたSFPモジュールとSFPダイレクトアタッチケーブル各種を幅広く提供しています。
製品タイプ
コネクタ/ターミネータ
仕様
■コネクタA:SFPスロット
■コネクタB:RJ-45
■互換性のあるブランド:Arista Networks
■業界標準:IEEE 802.3ae 10GBASE-T
■パッケージの高さ:31mm
■パッケージの長さ:115mm
■パッケージの幅:90mm
■工場出荷時(パッケージ)重量:50g
■DDM:あり
■MTBF:510
JAN/EAN/UPC : 065030885188

SFP+モジュール AR-SFP-10G-T-ST 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ Networks製SFP-10G-T互換 Arista その他

SFP+モジュール AR-SFP-10G-T-ST 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ Networks製SFP-10G-T互換 Arista その他

SFP+モジュール AR-SFP-10G-T-ST 100/1000/10000Base-TX準拠光トランシーバ Networks製SFP-10G-T互換 Arista その他

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS