1. ホーム
  2. SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021
SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021 インナーウェア・ウォーマー
SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021 インナーウェア・ウォーマー
shim_21ss_001-28747
8,960円 18,513円




快適さ、多機能ポケット、デザイン性と多様な機能性を合わせ持つラグジュアリーモデル

・ロングライドで活躍する収納力に優れたマルチ7バックポケット
・乗車姿勢に追従する新しいアナトミックパターン
・新しいアナトミックパターン(肩回り構造)
・極上に柔らかい素材、ストレッチ性を兼ね備えたイタリア製の生地を採用。
・インナーメッシュとの特殊二重構造が衣服内環境をコントロール(ベースレイヤーが不要)。
・レーザーカットによるベンチレーションホールが通気性とデザイン性を向上。
・後部に反射パーツ。
・360度リフレクター。
・UPF50+

素材
・メインボディ:ポリアミド73%、ポリウレタン27%
・パーツ:ポリエステル94%、エラスタン6%
サイズ:S-L

カラー:チャコール、ネイビー、アクア

SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021 インナーウェア・ウォーマー

SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021 インナーウェア・ウォーマー

SHIMANO EVOLVE ジャージ (シマノ エボルブ ジャージ) 2021 インナーウェア・ウォーマー

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS