1. ホーム
  2. アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》
アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》 その他
アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》 その他
ds-2280038-8976
6,776円 11,294円







■広告文責:SJ International(株) TEL: 03-6310-6786



■サイズ・色違い・関連商品

■XXXSサイズ(日本対応サイズS相当 オリーブ
■XXSサイズ(日本対応サイズM相当 オリーブ
■XSサイズ(日本対応サイズL相当) オリーブ
■XSサイズ(日本対応サイズL相当) ブラック
■Sサイズ(日本対応サイズXL相当) オリーブ
■Sサイズ(日本対応サイズXL相当) ブラック
■XXSサイズ(日本対応サイズM相当) ブラック
■XXXSサイズ(日本対応サイズS相当) ブラック[当ページ]


■商品内容

ご存知、あの「青島コート」の季節が今年も到来!今季ミリタリーファッションの流行と共に、再び注目の的になっているのだ!M-51はビジ&カジで大活躍のオールマイティーな定番コート。
1951年にアメリカ軍で採用された「M-51」フィールドパーカ。約60年前に開発されたものとは思えない洗練されたスタイルと、軍モノならではの機能性&耐久性が、世界中のストリートで愛されている定番モデルだ。袖口のストラップや特徴のある大型ボタンなど、このモデルはディテールまで本物を忠実に再現!
魚の尾のようなフィッシュテールも、バイクに乗るときにパンツを保護するために付けられたM-51ならではの魅力。年齢も選ばず、カジュアルからビジネスまで、幅広いシーンに対応OK!大定番コートです。
アメリカ表示サイズのため、大きめの作りになっています。サイズをよくご確認のうえ、ご購入ください。


■商品スペック

○商品名:アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェルリバイバルモデル
○品番:JP099YN
○カラー:オリーブ、ブラック
○材質:表地/綿50% ナイロン50%
○生産国:中国
○サイズ:
アメリカサイズ
《USサイズ(日本対応サイズ)》
《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》
着丈/約99cm
袖丈/約58cm
肩幅/約51cm
身幅/約60cm
《XXSサイズ(日本対応サイズM相当)》
着丈/約102cm
袖丈/約59cm
肩幅/約53cm
身幅/約62cm
《XSサイズ(日本対応サイズL相当)》
着丈/105cm
袖丈/60cm
肩幅/約53cm
身幅/約62cm
《Sサイズ(日本対応サイズXL相当)》
着丈/約108cm
袖丈/約62cm
肩幅/約55cm
身幅/約64cm
適応サイズではございません。目安となる実寸サイズとなります。
アメリカ表示サイズのため、大きめの作りになっています。サイズをよくご確認のうえ、ご購入ください。着丈はフィッシュテール部分の開閉時の寸法を表示しています。
○スペック:
フロントホック×7(ジッパー併用可)
フロントポケット×2
○特記事項:
サイズ違いによる返品・交換はお受け出来ません。予めご了承下さい。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 8営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1957】です。同梱区分が【TS1957】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》 その他

アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》 その他

アメリカ軍「M-51」青島ライナーモッズコートシェル リバイバルモデル ブラック《XXXSサイズ(日本対応サイズS相当)》 その他

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS