1. ホーム
  2. 【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 017200-100002 10L
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 10L 017200-100002
【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 017200-100002 10L 自由研究・実験器具
【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 017200-100002 10L 自由研究・実験器具
ds-1750450-42330
13,876円 40,958円

広告文責/販売会社:株式会社Hanbit



■サイズ・色違い・関連商品

■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 2L 017200-20002
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 3.5L 017200-35002
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 100mL【10個】 017200-1002A
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 150mL【10個】 017200-1502A
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 250mL【10個】 017200-2502A
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 5L 017200-50002
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 500mL【10個】 017200-5002A
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 750mL【10個】 017200-7502A
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 1L【10個】 017200-10002A
■【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 10L 017200-100002[当ページ]

関連商品の検索結果一覧


■商品内容

ねじ口びんはバイオテクノロジー関連をはじめ、高純度医薬・試薬や分析用標準液などの保存容器として幅広くご使用いただける多目的びんです。ガラス材質は、JIS R3503(1994年)「ほうけい酸ガラス-1」に相当するDURAN(R)を使用しています。遮光を目的として茶染めにした、茶かっ色のねじ口びん(DURAN(R))も用意しています。DURAN(R)はドイツSCHOTT(ショット)グループの登録商標です。
キャップは全品ISOねじ(GL)を使用しています。用途に応じてキャップを選択可能です。ビン底は小球をつけて接触面積を小さくしています。均一な肉厚で機械的強度が増加しています。


■商品スペック

容量:10L
胴外径(mm):227
高さ(mm):410
口内径φ(mm):30
材質:キャップ:フェノール樹脂、パッキン:EPDM、瓶本体:ほうけい酸ガラス
ねじ規格:GL-45
原産国:Germany
注意:高さには栓を含みません。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【3 - 6営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 017200-100002 10L 自由研究・実験器具

【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 017200-100002 10L 自由研究・実験器具

【柴田科学】ねじ口びん(メジュームびん) 黒キャップ付 017200-100002 10L 自由研究・実験器具

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS