1. ホーム
  2. レイナポートグラン YKK 『全国配送』 基本セット 5430Lサイズ』 1台用 『アルミカーポート CCS-R ポリカーボネート屋根 ハイロング柱 54-30L
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
『全国配送』 YKK レイナポートグラン 基本セット 54-30L ハイロング柱 ポリカーボネート屋根 CCS-R 『アルミカーポート 1台用 5430Lサイズ』
レイナポートグラン YKK 『全国配送』 基本セット 5430Lサイズ』 1台用 『アルミカーポート CCS-R ポリカーボネート屋根 ハイロング柱 54-30L 自動車用ガレージ
レイナポートグラン YKK 『全国配送』 基本セット 5430Lサイズ』 1台用 『アルミカーポート CCS-R ポリカーボネート屋根 ハイロング柱 54-30L 自動車用ガレージ
20525801
52,566円 221,650円







商品番号20525801
メーカーYKKAP
サイズ幅 3000.0mm × 奥行き 5400.0mm × 高さ 2800.0mm
通常納期14日後以降発送(要問合せ)
対応タイプ耐積雪20cm相当、耐風圧38m/秒相当
配送区分19
※商品により配送可能エリアが異なります。
配送エリア表をご覧ください。
工事対応この商品は工事を承っておりません。


YKKのカーポートで、34m/秒相当を達成した、アール屋根タイプのベーシックなカーポートです。従来の長さ51・57サイズに加え、車庫スペースに合せた最適の54サイズをご用意し、サイズバリエーションに幅を持たせるとともに、柱から後枠が出っ張らないように配慮した構造にし、カーポートを隣地境界よりに設置することが出来るようにするなど、〔車庫スペースを有効に使いたい〕というニーズにお応えしました。本体カラー4色、屋根ふき材のカラー4色のバリエーションがあり、ご自宅の雰囲気にあったものをお選び頂けます。断面形状の大きな雨樋(後枠)を採用することで、水の流れをスムーズにしています。


備考
注意!
●お届け先のご住所や諸条件によっては商品の配送を行うことができない場合がございます。ご注文前に必ず事前にお問い合わせいただきますようお願いいたします
●大型トラックでの配送です。搬入場所までの道路が狭い場合、お届けが出来かねます
●耐荷重性能600N/m2(61.2kgf/m2、目安として積雪量20cm相当)以上の重さをかけないでください。商品に破損の恐れがあります。
※上の数値は積雪量1cmあたり30N/m2(3kgf/m2)で計算しています。湿った雪の場合、1cmあたりの重さがさらに大きくなる場合がありますので、
早めに雪おろしを行ってください。
●カーポートの屋根が強風であおられるのを避けるために、前枠、補助柱側を建物に向けて施工してください。
●着脱式サポートと屋根ふき材補強部品を併用することで、耐風圧強度(YKK基準)38m /秒相当となります
●詳細寸法は図面をご確認ください。


レイナポートグラン YKK 『全国配送』 基本セット 5430Lサイズ』 1台用 『アルミカーポート CCS-R ポリカーボネート屋根 ハイロング柱 54-30L 自動車用ガレージ

レイナポートグラン YKK 『全国配送』 基本セット 5430Lサイズ』 1台用 『アルミカーポート CCS-R ポリカーボネート屋根 ハイロング柱 54-30L 自動車用ガレージ

レイナポートグラン YKK 『全国配送』 基本セット 5430Lサイズ』 1台用 『アルミカーポート CCS-R ポリカーボネート屋根 ハイロング柱 54-30L 自動車用ガレージ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS