1. ホーム
  2. ELECOM EHB-UG2B16F-PL スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り 1000BASE-T対応 エレコム
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
ELECOM エレコム 1000BASE-T対応 スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り EHB-UG2B16F-PL
ELECOM EHB-UG2B16F-PL スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り 1000BASE-T対応 エレコム スイッチングハブ
ELECOM EHB-UG2B16F-PL スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り 1000BASE-T対応 エレコム スイッチングハブ
4953103470248-8693
13,276円 39,186円


★ ELECOM エレコム 1000BASE-T対応 スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り EHB-UG2B16F-PL (EHBUG2B16FPL)

特徴・機能 どんな商品?
発売日:
動作環境温度50℃対応の1000BASE-T対応電源内蔵メタル筐体16ポートPoEハブです。3年保証
効率的な収容に対応する19インチラックマウント設置対応。ネットワーク障害を最小限に抑えますループ防止機能 搭載。法人向け1000BASE-T対応スイッチングハブ
IEEE802.3 af/atのPoE対応機器に給電することができネットワークトラブルを未然に防ぐループ防止機能も搭載しています。3年間のセンドバック保証に加え、オプション保証にも対応です。

■全ポートIEEE802.3af/at準拠の“PoE”給電対応。法人向け1000BASE-T対応スイッチングハブ
優れた信頼性、安定性を確保した1000BASE-T対応法人向けギガスイッチングハブです。放熱性に優れたメタルケース採用に加え、「動作時環境温度50℃」を実現し、使用環境が高温になりやすい工場や各種施設の過酷な環境でも安心して長期運用できます。

■LANケーブルのみでデータだけでなく電源供給もできるPoE機能搭載
PoE対応モデルはIEEE802.3at規格対応の高出力PoE給電に対応。無線アクセスポイントやネットワークカメラなどにLANケーブルだけでデータとともに電源供給が可能。大幅な電源工事費の削減に貢献します。



1000BASE-T対応 スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り EHB-UG2B16F-PL商品情報
接続方式1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T AutoMDI/MDI-X対応
スイッチング方式ストア&フォワード
MACアドレス登録数8.192件(全ポート合計)
ポート数16ポート
ノンブロッキング対応
ジャンボフレーム対応 (10Kbytes)
ループ検知機能ループ防止
MTBF493.000時間
EAP透過機能/BPDU透過機能対応
PoE仕様IEEE802.3af/at準拠
PoE対応ポート数16ポート
PoE電源供給能力at規格:31.5W/1ポート(最大) af規格:15.4W/1ポート(最大) 合計246Wまで
PoE給電方式Alternative A
入力電圧AC100~240V±10% 50/60Hz
省電力機能らくらく節電E(IEEE 802.3az)対応
外形寸法(幅×奥行き×高さ)約440.0×約210.0×約44.0mm(本体のみ)
質量約3100g
筐体材質(カラー)メタル(ブラック)
動作時環境条件温度:0℃~50℃ 湿度:10%~90%(ただし結露なきこと)
設置方向水平設置、19インチラックマウント、壁留め(ラック取付金具使用)
壁掛け用穴なし
冷却ファンあり
保証期間3年間
付属品専用AC電源ケーブル(3ピン、約1.8m):1本、3ピン-2ピン変換アダプター:1個、ACケーブル抜け防止バンド:1個、19インチラック取付金具:2個 19インチラック取付金具ネジ:8個、ゴム足:4個、安全にお使いいただくために:1枚、クイックセットアップガイド:1枚




お知らせ


ELECOM EHB-UG2B16F-PL スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り 1000BASE-T対応 エレコム スイッチングハブ

ELECOM EHB-UG2B16F-PL スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り 1000BASE-T対応 エレコム スイッチングハブ

ELECOM EHB-UG2B16F-PL スイッチングハブ/PoE/16ポート/3年保証/ファン有り 1000BASE-T対応 エレコム スイッチングハブ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS