1. ホーム
  2. A8909 スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》 重連セット 2次型 DD50
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
A8909 DD50 2次型 重連セット スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》
A8909 スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》 重連セット 2次型 DD50 電車
A8909 スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》 重連セット 2次型 DD50 電車
RAIL-19960
12,693円 24,040円

販売数量制限お一人様 1 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)
発売日15年12月未定
ブランドマイクロエース
製品仕様Nゲージ塗装済完成品
【素材】 ABS樹脂
JANコード4968279136805
登録コード_09564 _09604 _09792 _09793 _09845 CTG003 b0000113 newi A8909
詳細戦後の国鉄非電化路線近代化計画に際して最初に製造された電気式ディーゼル機関車が DD50 です。
機関出力と軸重の関係から 2 両を背向重連して使用することを前提に設計され、片側のみ設置された運転台と当時流行していた湘南スタイルの前面形状が大きな特徴です。
全体的に丸みを帯びた形状で、前面下部と一体になったマイクロスカートが特徴の 1 次型、1 ~ 3 号機と、全体的に角ばり、アンチクライマが設置されて無骨な印象の 2 次型、4 ~ 6 号機の合計 6 両が 1953(昭和28)年から翌年に掛けて登場し、主に北陸本線で活躍する姿が見られました。
DD50 で得られた経験は、のちに本線用ディーゼル機関車、DF50 の設計に活用されました。
晩年は北陸本線の米原~田村間で交直流接続区間の連絡用機関車として使用されていましたが、1977(昭和52)年に引退しました。

●2両とも動力車のセット
●ヘッドライト点灯
●スノープロウは付きません


A8909 スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》 重連セット 2次型 DD50 電車

A8909 スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》 重連セット 2次型 DD50 電車

A8909 スノープロウなし[マイクロエース]《取り寄せ※暫定》 重連セット 2次型 DD50 電車

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS