1. ホーム
  2. トキナーレンズ 11-20mm ニコンマウント NAF DX PRO AT-X11-20 ASPHERICAL F2.8(IF)
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
トキナーレンズ 11-20mm F2.8(IF) ASPHERICAL AT-X11-20 PRO DX NAF ニコンマウント
トキナーレンズ 11-20mm ニコンマウント NAF DX PRO AT-X11-20 ASPHERICAL F2.8(IF) カメラ用交換レンズ
トキナーレンズ 11-20mm ニコンマウント NAF DX PRO AT-X11-20 ASPHERICAL F2.8(IF) カメラ用交換レンズ
4961607634387
18,703円 78,863円

焦点距離 11 ~ 20mm
フィルターサイズ 82mm
明るさ F2.8
ズーム方式 回転式ズーム
最小絞り F22
絞り羽根枚数 9枚
レンズ構成 12群14枚
最大径 89.0mm
コーティング 多層膜コーティング
全 長 92.0mm
重 さ 560g
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 1:8.62
付属品 花型バヨネットフード(BH-821)、レンズキャップ
対応マウント ニコンマウント(APS-C)  JANコード:4961607634387
キヤノンマウント(APS-C)  JANコード:4961607634394

トキナーレンズ 11-20mm ニコンマウント NAF DX PRO AT-X11-20 ASPHERICAL F2.8(IF) カメラ用交換レンズ

トキナーレンズ 11-20mm ニコンマウント NAF DX PRO AT-X11-20 ASPHERICAL F2.8(IF) カメラ用交換レンズ

トキナーレンズ 11-20mm ニコンマウント NAF DX PRO AT-X11-20 ASPHERICAL F2.8(IF) カメラ用交換レンズ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS