1. ホーム
  2. PANT TRICLIMATE SNOW ] NSJ61811 [ FACE NORTH THE スノーパンツ キッズ SPUで最大17倍】ノースフェイス 【20日は5の倍数DAY スノートリクライメイトパンツ 【Y】【SPS061】 スキーウェア
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【20日は5の倍数DAY SPUで最大17倍】ノースフェイス キッズ スノーパンツ THE NORTH FACE [ NSJ61811 ] SNOW TRICLIMATE PANT スノートリクライメイトパンツ スキーウェア 【Y】【SPS061】
PANT TRICLIMATE SNOW ] NSJ61811 [ FACE NORTH THE スノーパンツ キッズ SPUで最大17倍】ノースフェイス 【20日は5の倍数DAY スノートリクライメイトパンツ 【Y】【SPS061】 スキーウェア キッズ・ジュニア用ウェア
PANT TRICLIMATE SNOW ] NSJ61811 [ FACE NORTH THE スノーパンツ キッズ SPUで最大17倍】ノースフェイス 【20日は5の倍数DAY スノートリクライメイトパンツ 【Y】【SPS061】 スキーウェア キッズ・ジュニア用ウェア
TNFKS20038
6,468円 10,780円








さまざまな天候に対応する、防水アウターシェルパンツとインナーフリースのセットモデル。アウターとインナーは専用のジッパーで連結して着用することも、それぞれを単体で使用することもできます。アウターは高い防水透湿性を持つ2層構造のハイベント、インナーには適度な保温性と通気性を兼ね備えた薄手のマイクロフリースを使用。子供の成長に合わせてサイズ調整ができるEXP GROWシステムを採用し、アウターのポケット内部のドローコードにより股下のサイズ調節が可能です。裾に埋め込み型のコードストッパーを配備しています。


【素材】
・アウター
表地:Nylon Faille weave HYVENT(2層)
(表:ナイロン100%、裏:ポリウレタンコーティング)
アイゼンガード:ポリエステル100%(コーティング樹脂加工
裏地:TNF Embossed Taffeta(ポリエステル100%)

・インナー
Versa Micro 100(ポリエステル100%)

【特徴】
EXP GROW system/ウエストアジャスター仕様/ポケット内部のドローコードより股下サイズ調整可能/スノーカフ仕様/ロゴ刺繍/取り外し可能なサスペンダー/記名ネームつき



-THE NORTH FACE-
1968年にサンフランシスコで産声を上げたTHE NORTH FACEは、当初小さなメーカーでしたが、 まもなく発売したスリーピングバッグにより高い信頼を獲得するようになります。40年の間、私たちはスリーピングバッグやウェア、テント、バッグなどの製品づくりを通して、アウトドアの限界点を高めてきました。 次の世代に正しい自然との関わり方、人との関わり方、ものを大事にする気持ちを伝えて行くこと。それがTHE NORTH FACEのミッションです。


※。




PANT TRICLIMATE SNOW ] NSJ61811 [ FACE NORTH THE スノーパンツ キッズ SPUで最大17倍】ノースフェイス 【20日は5の倍数DAY スノートリクライメイトパンツ 【Y】【SPS061】 スキーウェア キッズ・ジュニア用ウェア

PANT TRICLIMATE SNOW ] NSJ61811 [ FACE NORTH THE スノーパンツ キッズ SPUで最大17倍】ノースフェイス 【20日は5の倍数DAY スノートリクライメイトパンツ 【Y】【SPS061】 スキーウェア キッズ・ジュニア用ウェア

PANT TRICLIMATE SNOW ] NSJ61811 [ FACE NORTH THE スノーパンツ キッズ SPUで最大17倍】ノースフェイス 【20日は5の倍数DAY スノートリクライメイトパンツ 【Y】【SPS061】 スキーウェア キッズ・ジュニア用ウェア

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS