1. ホーム
  2. Hiro Trout Sticky Be スミス Motoyama BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】 Model
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
スミス Be Sticky Trout Hiro Motoyama Model BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】
Hiro Trout Sticky Be スミス Motoyama BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】 Model ロッド・竿
Hiro Trout Sticky Be スミス Motoyama BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】 Model ロッド・竿
10028889
16,971円 50,094円

本山博之が提唱する”渓流ベイトフィネス”スタイル。

スタイルの核となるリールに加え、本山博之がその必要性を感じ、理想を追求して作り上げてきた渓流ベイトフィネス専用ロッドが BST(Be Sticky Trout)ベイトフィネスモデルです。
スピナーなどの軽量ルアーも違和感・トラブルへの恐怖感なくキャストできる性能を追及。
そして近年多用されるヘビーシンキングミノーまでをも快適に操作できる理想のアクションを求めました。

【BST-EXS45UL/C3】
1g台のスピナーからルアーウエイト7g(Dコンタクト63)も、手中にしたウルトラライト。
ヘビーシンキングミノーの操作性も、ウルトラライト設定とは思えない程のレスポンス。
とにかく、コンパクトなモーショーンにて、細かなスポットを多角的に攻めたいアングラーにおススメな1本です。

◆4'5"(135cm)
◆3ピースベイトロッド
◆標準自重:73g
◆ルアー:1~7g
◆ライン:2~6lb
◆仕舞寸法:57.5cm

Hiro Trout Sticky Be スミス Motoyama BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】 Model ロッド・竿

Hiro Trout Sticky Be スミス Motoyama BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】 Model ロッド・竿

Hiro Trout Sticky Be スミス Motoyama BST-EXS45UL/C3【3ピースベイトロッド】 Model ロッド・竿

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS