1. ホーム
  2. 男性用 SR TypeII(DR) SZ-5 AD Tour 10.5° SUBZERO MAVRIK キャロウェイ (フレックスSR) Cランク 中古 右利き DR ドライバー
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
中古 Cランク (フレックスSR) キャロウェイ MAVRIK SUBZERO 10.5° Tour AD SZ-5 TypeII(DR) SR 男性用 右利き ドライバー DR
男性用 SR TypeII(DR) SZ-5 AD Tour 10.5° SUBZERO MAVRIK キャロウェイ (フレックスSR) Cランク 中古 右利き DR ドライバー ドライバー
男性用 SR TypeII(DR) SZ-5 AD Tour 10.5° SUBZERO MAVRIK キャロウェイ (フレックスSR) Cランク 中古 右利き DR ドライバー ドライバー
2100293613449-20545
16,233円 47,916円

スペック

タイプ男性用
利き手右利き
商品コード2100293613449
クラブ種別ドライバー
メーカー名キャロウェイ
商品名MAVRIK SUBZERO 10.5°
発売年2020
シャフトTour AD SZ-5 TypeII(DR)
シャフト材質カーボン
メーカーフレックスSR
フレックスSR
クラブセット組合せ内容
クラブセット本数0
クラブセット不足本数0
クラブセット実本数0
総合ランクCランクについて
傷状態:ヘッド上部C
傷状態:フェースB
傷状態:ヘッド下部B
傷状態:シャフトB
傷状態:グリップオリジナル 良好
傷状態:ヘッドカバー純正品(普通)
査定特記・商品状態レンチ無し

メーカーカタログ

メーカーカタログ情報となりますので、実商品と異なる場合がございます。

ヘッドロフト角(°)10.5
ヘッド体積(cc)450
シャフト長(インチ)45.75
クラブ重量(g)307

店舗情報

店舗名カゴハラゴルフ店
住所埼玉県
熊谷市三ケ尻3652
電話番号048-594-9494

-

キャロウェイ
MAVRIK SUBZERO 10.5°

-

中古_Cランク_(フレックスSR)_キャロウェイ_MAVRIK_SUBZERO_10.5°_Tour_AD_SZ-5_TypeII(DR)_SR_男性用_右利き_ドライバー_DR中古_Cランク_(フレックスSR)_キャロウェイ_MAVRIK_SUBZERO_10.5°_Tour_AD_SZ-5_TypeII(DR)_SR_男性用_右利き_ドライバー_DR2
中古_Cランク_(フレックスSR)_キャロウェイ_MAVRIK_SUBZERO_10.5°_Tour_AD_SZ-5_TypeII(DR)_SR_男性用_右利き_ドライバー_DR3中古_Cランク_(フレックスSR)_キャロウェイ_MAVRIK_SUBZERO_10.5°_Tour_AD_SZ-5_TypeII(DR)_SR_男性用_右利き_ドライバー_DR4
中古_Cランク_(フレックスSR)_キャロウェイ_MAVRIK_SUBZERO_10.5°_Tour_AD_SZ-5_TypeII(DR)_SR_男性用_右利き_ドライバー_DR5中古_Cランク_(フレックスSR)_キャロウェイ_MAVRIK_SUBZERO_10.5°_Tour_AD_SZ-5_TypeII(DR)_SR_男性用_右利き_ドライバー_DR6


男性用 SR TypeII(DR) SZ-5 AD Tour 10.5° SUBZERO MAVRIK キャロウェイ (フレックスSR) Cランク 中古 右利き DR ドライバー ドライバー

男性用 SR TypeII(DR) SZ-5 AD Tour 10.5° SUBZERO MAVRIK キャロウェイ (フレックスSR) Cランク 中古 右利き DR ドライバー ドライバー

男性用 SR TypeII(DR) SZ-5 AD Tour 10.5° SUBZERO MAVRIK キャロウェイ (フレックスSR) Cランク 中古 右利き DR ドライバー ドライバー

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS