1. ホーム
  2. 【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W
【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W フィットネス水着
【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W フィットネス水着
LAR-0241W
6,301円 10,502円























※2021年秋冬モデル新カラーは2021年6月頃の発売予定となります。

※当店SWIMSHOPヒカリスポーツの掲載商品は
全て当店在庫となります。

■デサントジャパン株式会社製
■素材・特徴
【モク2Way】
(ポリエステル85%・ポリウレタン15%)または(ポリエステル89%・ポリウレタン11%)
【ダブルエステル】
(ポリエステル84%・ポリウレタン16%)または(ポリエステル85%・ポリウレタン15%)
フィット感に優れしっかり感がある素材で、身体をホールドすることができます。柔らかく、やや光沢のある表面感です。
Fitness Swimの中で、最もベーシックな素材です。
【フルダルUV】
(ポリエステル84%・ポリウレタン16%)
特殊糸の使用により、マットな表面感と高い発色性を持ち、明るいカラーが鮮やかに映える素材です。UVカット機能にも優れ、UPF(紫外線保護指数)50+を実現しています。
【大きめカラースナップ付きセパレーツ】
動き易さと、着脱のし易さをかね備えたカッティング。
【パッド付き(差し込みフィットパッド)】
【股下:ミドル】
【大きめカラースナップ】
セパレートをもっと楽しく、3段階調整が可能なスナップ付き。
すらっとセパ アクアビクスや水中ウォーキングから、少し泳げるようになることを目標にする方に向けた水着。水中でも動きやすく、着脱のしやすさを兼ね備えたアイテムです。両サイドに切替やステッチを入れる事できれいに見えるデザインです。またサイドのスナップ位置を修正することでお腹まわりもすっきり。パットの位置修正とアームホールゴム素材を変更することで着用感を向上させています。
■カラーバリエーション
MKPK:モクK×ブラック×ピンクF
MKBK:モクK×ブラック×ブラック
BKRO:ブラック×ブラック×Rブルー
MKGR:モクK×ブラック×Fイエロー
MPLN:パープル×ネイビーN×ネイビーN(2021年秋冬モデル新色)
MNMT:ネイビー×ブラック×ミント(2021年秋冬モデル新色)









【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W フィットネス水着

【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W フィットネス水着

【クーポンで更に10%OFF対象】アリーナ ARENA フィットネス水着 レディース 大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド) モク2WAY LAR-0241W フィットネス水着

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS