1. ホーム
  2. 【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング
【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング メンズシューズ
【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング メンズシューズ
tjg978-1190
7,920円 10,560円












FlyteFoamを搭載した、GT-2000シリーズ史上最軽量モデル。


スペック
●品番TJG978-1190
●商品名GT-2000 ニューヨーク 6-SW (GT-2000 NEW YORK 6-SW)
●カラー1190:ストーングレー×ブラック
●サイズ24.5~29.0、30.0cm
●素材アッパー/ 合成繊維製(ラッセル構造)・人工皮革製
アウターソール/ ゴム底
インナーソール/ 取り替え式(ortholite)
●生産国ベトナム
●その他適合する別売中敷:TIZ601
機能
★GEL
衝撃緩衝性に優れたGELをミッドソールに内蔵。使用シーンに合わせて、踏み付け部、かかと部のふさわしい部分に使い分けています。

★エススピーバ
スピーバプラスより高い反発性を持つクッション素材。

★フライトフォーム
従来のE.V.A.より軽量化を実現し、反発性に優れたフォーム素材。有機繊維を材料に添加することで軽量かつ優れた耐久性も実現。

★ダイナミックデュオマックス
上部に凹凸を施し、ミッドソールを挟み込んだデュオマックス構造。着地時にかかる力を分散させて足裏への負担を軽減。より快適な走行が可能に。

★トラスティック
ミッドソールの中足部を補強した構造。運動時にねじれが生じやすい中足部の剛性をアップし、フットワークの安定性を高めます。

★ガイダンスライン
着地時から蹴り出しまで安定した走りを実現させるために設計された構造。

★エーハー
従来のラバーと同等の軽量性、グリップ性をもちながら、約2倍(当社比)の耐摩耗性を発揮するアウターソール素材。スポンジタイプはクッション性にも優れています。樹脂タイプもあります。

★エーハープラス
従来のラバーと同等の軽量性、グリップ性をもちながら、約3倍(当社比)の耐摩耗性を発揮するアウターソール素材。

★IGS(アイジーエス)
目的とする動作を行うための最適な設計思想のことをIGSと呼んでいます。バイオメカニクスはもとより、材料力学・衝撃工学などの幅広い知見をもとにしています。

★スーパーワイドラスト(3D)
立体設計ラストのスーパーワイドバージョン。4E相当のゆとりをもたせながら足に沿うようにフィット。

※在庫は常に変動しておりますので、まれにご注文時に在庫が切れている場合があります。
 入荷予定がない場合はご注文をお断りさせていただきますのでご了承願います。
※画像の色の見え方が、モニターやPC環境により実際の商品と異なる場合がございます。
※商品の仕様につきましてはメーカー都合により予告なく、変更となる場合が御座いますので予めご了承お願い申し上げます。
例:デザイン(マーク・ライン・カラー)、生産国、素材など。
正確な情報をご提供出来るよう努めておりますが、まれに訂正を行うことができない場合も御座いますので何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング メンズシューズ

【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング メンズシューズ

【在庫品】 アシックスGT-2000 ニューヨーク 6-SW TJG978-1190メンズ 2018SS ランニング メンズシューズ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS