1. ホーム
  2. CS03R16NDW2520ZC253B1 ( CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 ニューエラー ) 【メーカー取寄】 (株)ニューエラー
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
ニューエラー デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 ( CS03R16NDW2520ZC253B1 ) (株)ニューエラー 【メーカー取寄】
CS03R16NDW2520ZC253B1 ( CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 ニューエラー ) 【メーカー取寄】 (株)ニューエラー その他
CS03R16NDW2520ZC253B1 ( CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 ニューエラー ) 【メーカー取寄】 (株)ニューエラー その他
2395515-39234
8,575円 14,292円

特長:

背中合わせに2本を一体化したデュアルストロークシリンダです。
ストロークを往復とも3段階に調整が可能です。


用途:

ワーク搬送部に。


仕様:

適合シリンダ径(mm):16
作動形式:複動形


 ●メーカー取寄商品について
本商品はメーカーからの取寄商品となります。
納期は、メーカー確認後、メールでご連絡させて頂きます。
在庫状況、生産状況によっては、かなり納期がかかる場合もございます。
 ※納期がかかる場合、キャンセルも可能です。(早めにご連絡ください)
ご注文前の納期確認も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
 ●代表画像について
商品によっては、代表画像を使用している場合がございます。
商品のカラー、サイズなどが異なる商品をイメージ画像として
使用させて頂いている場合がございます。
必ず、商品の品番と仕様をご確認のうえ、ご注文お願いいたいます。
 ●代金引換でのお支払いについて
発送する商品の総重量が20kgを超えてしまったり、
商品の大きさが当店から発送できる規定サイズを超えてしまう場合
メーカー直送での対応となりますので、 代金引換がご利用頂けない場合がございます。
該当する場合、当店から別途メールにてご連絡させて頂いております。
 ●北海道・沖縄・離島・一部地域の送料について
別途追加で送料がかかる場合がございます。
送料がかかる場合は、メールにて送料をご連絡させて頂き、
お客様にご了承頂いてからの手配となります。
 ●お買上げ明細書の廃止について
当店では、個人情報保護と環境保護の観点から同封を廃止しております。
お買上げ明細書が必要な場合は、備考欄に「お買上げ明細必要」と
記載お願いいたします。
当店からの出荷の場合は、同封にて発送させて頂きます。
(※メーカー直送の場合は、PDFデータをメールさせて頂きます。)


CS03R16NDW2520ZC253B1 ( CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 ニューエラー ) 【メーカー取寄】 (株)ニューエラー その他

CS03R16NDW2520ZC253B1 ( CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 ニューエラー ) 【メーカー取寄】 (株)ニューエラー その他

CS03R16NDW2520ZC253B1 ( CS03R-16-NDW-25+20-ZC253B1 デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st25mm+st20mmマグネット・スイッチ付 ニューエラー ) 【メーカー取寄】 (株)ニューエラー その他

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS