1. ホーム
  2. 「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 6本セット(I#5~9、PW) 2020モデル Zelos8スチールシャフト NSPRO 201CBアイアン B TOUR
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 TOUR B 201CBアイアン NSPRO Zelos8スチールシャフト 2020モデル 6本セット(I#5~9、PW)
「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 6本セット(I#5~9、PW) 2020モデル Zelos8スチールシャフト NSPRO 201CBアイアン B TOUR アイアン
「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 6本セット(I#5~9、PW) 2020モデル Zelos8スチールシャフト NSPRO 201CBアイアン B TOUR アイアン
bs-ir-tb201cb-6-cst15-32344
30,303円 127,776円





※カタログ表示の数値は、実測値と若干異なる場合がございます。

ライ角、ロフト角は±1.5度以内の調整が可能です。


■N.S.PRO Zelos8スチールシャフト


シャフトフレックスシャフト重量トルク調子
N.S.PRO Zelos8R84g2.3
S87.5g2.2


番手I#4I#5I#6I#7I#8I#9PW
標準長さ(インチ)38.538.037.537.036.536.035.5
バランスD0.5
総重量(I#5)R:392g、S:395g
※表記のスペックは標準グリップ装着のデータです。
※表記のバランス・総重量はあくまでも目安としての参考数値になります。


クラブの長さは、標準クラブ長さより-0.75~+0.25インチの範囲内、0.25インチ単位で調整できます。
長さを変更することで、バランスが変わります。

変更長さバランス(目安)
+0.25インチ約1.5ポイント以上重くなる
-0.25インチ約1.5ポイント以上軽くなる
-0.5インチ約3ポイント以上軽くなる
-0.75インチ約5ポイント以上軽くなる
※バランス調整可能範囲は+2ポイント(0.5ポイント単位)までとなります。軽くすることは出来ません。


■標準グリップ
オリジナルラバーグリップ ブラック・グレー バックライン無し(GBX0M) 約49.5g / 口径60



グリップ変更による注意点
グリップを変更することで、バランス、クラブ重さが変わります。グリップ重さが5g変わる事で
±1ポイントバランスが変わります。
グリップの種類・下巻きテープ数により変化するバランスは多少異なりますので、ご了承下さい。
標準グリップからご指定のグリップに変更した場合やシャフトの種類により、グリップ下巻きテープ数が変わる場合がございます。ご了承下さい。





購入前に必ずお読み下さい。
こちらの商品はメーカーへの発注商品となります。
カスタムメイドの為、こちらの商品はキャンセル、スペック変更、返品などはお受けできません。
ご注文確認受付後、発注いたしますので、約3~4週間後に発送いたします。
パーツ欠品の場合は、別途納期ご案内いたします。










「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 6本セット(I#5~9、PW) 2020モデル Zelos8スチールシャフト NSPRO 201CBアイアン B TOUR アイアン

「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 6本セット(I#5~9、PW) 2020モデル Zelos8スチールシャフト NSPRO 201CBアイアン B TOUR アイアン

「カスタムメイドクラブ」BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)日本正規品 6本セット(I#5~9、PW) 2020モデル Zelos8スチールシャフト NSPRO 201CBアイアン B TOUR アイアン

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS