1. ホーム
  2. ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ Wunderlich 『EVO』
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ 『EVO』 Wunderlich
ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ Wunderlich 『EVO』 その他
ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ Wunderlich 『EVO』 その他
238981-884152-32498
9,588円 17,432円






●メーカー名:ワンダーリッヒ / Wunderlich
●商品名:ハンドルバーバッグ 『EVO』

メーカー品番:W29870-000
JANコード:4053196000732

本国に在庫がある場合、納品まで2~3週間ほどお時間を頂きます。海外取寄の為、納期2ヶ月以内はキャンセル不可となります。

●特徴
■ベルクロ仕様により、容易に開閉できます。
■ハンドルバーへの設置も容易で、素早く取付・取り外しが可能。
■防水仕様(テフロンコート)※完全防水を保証するものではありません。
■内部のジッパーは防水仕様。
■外部電源引き込み用防水ホールを設置。

●備考
ハンドルのセンターに設置するハンドルバーバック。財布や携帯、デジカメなど、さっと取り出したいアイテムの収納に最適です。

●ワンダーリッヒについて
【ワンダーリッヒ/Wunderlich】
確立された車両のイメージを崩すことなく、持ち味を昇華させるアイテムは、厳選された上質な素材と緻密な設計から具現化する。「BoxerCup」・「Europe Rally」参戦のテクノロジーから開発されるハイスペックパーツはあこがれのワークスマシンへと変貌する。ドイツメーカーならではの質実剛健なカスタムスタイルは新たなツーリングライフを綴る。

●写真注意
※写真はイメージです。掲載写真の取り付け車種、カラーなど、写真と異なる場合がございます。実際の製品は改良・仕様変更などにより、一部カラー、形状が異なっている場合がございます。また、撮影の都合上、他商品も写真に写っている場合がありますが表題の商品のみのお届けとなります。

車種年式型式・フレームNo.その他
F650GS2008~
F700GS2017~
F700GS~2016
F750GS2018~
F800GS2012/8-2016
F800GS2017~
F800GS~2012/7
F800GS Adventure2013~
F800R2012~2014
F800R2015~
F800R~2011
F850GS2018~
F850GS Adv2019~
F900R
F900XR
R100GS PD
R1200GS~2007 / 2008-2009 / 2010-2012
R1200GS Adventure~2007 / 2008-2009 / 2010-2013
R1200GS LC Adventure 水冷2014~
R1200GS LC 水冷2013-2016 / 2017~
R1200R LC 水冷
R1250GS
R1250GS Adventure
R1250R
R1250RS
R80GS Basic
R80GS P.D.
RnineT2014-2016 / 2017~
RnineT Pure
RnineT Scrambler
RnineT Urban G/S
S1000R2014-2016 / 2017~
S1000XR
※商品掲載時の適合情報です。年式が新しい車両については、必ずメーカーサイトにて適合をご確認ください。

ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ Wunderlich 『EVO』 その他

ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ Wunderlich 『EVO』 その他

ワンダーリッヒ ハンドルバーバッグ Wunderlich 『EVO』 その他

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS