1. ホーム
  2. 【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン)
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン)
【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン) ダイブコンピュータ
【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン) ダイブコンピュータ
18,209円 76,780円








■大きな画面の簡単カラー液晶ダイコン



カナダ発のダイブコンピューターメーカー「Shearwater(シアウォーター)」の、カラー液晶ダイコン「Peregrin(ペレグリン)」

「新しいタイプのダイコンは難しそう。。。」そんな心配は無用です!
Peregrin(ペレグリン)は、シンプルで使いやすさが自慢のカラー液晶ダイブコンピューターです。


シンプルな操作

・高解像度の大きな液晶画面

・陸上も水中でも!暗い場所でもしっかり見やすいフルカラー

・液晶表示を見やすくカスタマイズ可能

・ダイブログをスマホやPCで管理できる!(Bluetooth使用)

ワイヤレス充電!専用スタンドに置くだけで充電可能

複数の言語に対応




置くだけ!ワイヤレス充電


水中でもこんなにはっきり見える!


大きくて見やすい!




ログ確認や、操作もシンプルで簡単です。


ベルトはゴムに変更可能なので、取り外しが簡単に。手首ではなく腕に着用できる。






■4つのダイビングモードで使える!





一般的なダイビングにはもちろんのこと、ナイトロックス(エンリッチド)や、ストップウォッチ機能までついています。







■別カラーのストラップオプションあり



ステンレス製の金具が付いた26mmのシリコン製ブラックストラップが付属します。
別売りで「オーシャンブルー」と「ホワイトのストラップ」のオプションもあります。






■付属品



■シアウォーター Peregrin(ペレグリン)
【カラー】ブラック

【重量】122g

【サイズ】54.5mm x 53.5mm x 17.5mm

【ディスプレイサイズ】5.59 cm / 2.2 インチ

【解像度】320 x 240 QVGA

【ディスプレイタイプ】フルカラーLCD

【サイズ】77mm x 68mm x 25mm

【ダイビングモード】
エアー(レクリエーションダイビング用の簡単なエアモード)
ナイトロックス(最大40%までのガス1種類)
3ガスナイトロックス(水中で3ガスを切り替え可能、完全な減圧をサポート。最大100%の酸素)
ゲージ(ストップウォッチ付きボトムタイマーとロギングダイブ)

【バッテリーの種類】充電式リチウムイオン電池(工場にて交換可能)

【バッテリー寿命(AI使用可)】最大30時間(ダイビングモード)、最大50時間(時計モード)、ワイヤレス充電器

【1回の充電での持続時間】最大30時間(中レベルの輝度の場合)

【ガス数】3 OC

【耐圧水深】120m / 394ft

【機能】
減圧コンピュータ
316ステンレススチールボタン
ワイヤレスデータ転送テクノロジー
振動による警報
アップグレード可能なファームウェア

【付属品】
専用ケース、充電器スタンド(ワイヤレス)、充電コード(USB)、ステンレススチール金具付き26mmシリコン製バンド
バリスティックナイロン製ケース

【その他】
別売りウォッチバンドあり(オーシャンブルー、ホワイトの2色)


※お支払方法は「お振込(前払い)、クレジットカード」のみとなります。(代金引換不可)
※メーカー取り寄せ商品のため、返品返金、キャンセル不可商品です。予めご了承ください。


返品交換不可

お取り寄せ案内



【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン) ダイブコンピュータ

【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン) ダイブコンピュータ

【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン) ダイブコンピュータ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS