1. ホーム
  2. CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット]
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット]
CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット] コンパクトデジタルカメラ
CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット] コンパクトデジタルカメラ
2980000208133-25216
9,338円 19,294円



商品説明

IXY 200 シルバー 説明・仕様

★ 高倍率ズーム
高倍率「光学8倍ズーム」「プログレッシブファインズーム16倍」。

★ オートズーム
カメラが自動でぴったりな被写体サイズになるようにズーム倍率を調整。

★ こだわりオート機能
カメラが自動で被写体に合わせてふさわしい設定に自動調整。どんなシーンもかんたん、キレイ!

★ 多彩な撮影モード
シーンに合った適切な設定で撮ることも、特殊なフィルターを使ったようなアーティスティックな表現もかんたん。

* 映像エンジン:DIGIC 4+
* 有効画素数:約2000万画素
* イメージセンサー:1/2.3型 CCD
* 焦点距離(35mmフィルム換算):28-224mm相当
* 開放F値:F3.2(W)-6.9(T)
* ズーム倍率:8倍
* 撮影距離:1cm-∞(W)、1.3m-∞(T)、マクロ時は1-50cm(W)
* 液晶モニター:2.7型(約23万ドット)、4:3
* シャッタースピード:1-1/2000秒(オートモード)、15-1秒(撮影モード:長秒時撮影)
* ISO感度(推奨露光指数):オート、ISO 100~1600
* 記録媒体:SD メモリーカード/SDHC メモリーカード/SDXC メモリーカード/Eye-Fiカード(※Flash Airも使用可能)
* インターフェース:Hi-Speed USB(Mini-B)、アナログ音声出力(モノラル)、アナログ映像出力(NTSC/PAL)
* バッテリーパック:NB-11L
* 大きさ:95.2×54.3×22.1mm
* 質量:約126g
* その他の機能など:オートボタン/日付写しこみボタン/安心オート

------------------------------------
MF-FSD064GC10R 説明・仕様

★ 1年間の保証期間内で1回限り、無償でデータ復旧サービスを利用できるSDXCメモリカードです。
※データ復旧サービスは、製品状態により必ずしもすべてのデータが完全に復旧することをお約束するものではなく、データ損害については当社は責任を負いかねます。

★ デジタルカメラやデジタルビデオカメラでの使用に最適です。

★ 高速インターフェース規格であるUHS-I/UHSスピードクラスの「Class1」、および読み書き時の最低速度を保証するSDスピードクラスの「class10」に対応し、読み書き時の最低保証速度は10MB/secを実現しています。
※UHS-Iインターフェース非対応機器でも動作可能です。対応機器で使用することで本来の性能を発揮します。

★ CPRM技術を採用した著作権保護機能を搭載しています。

* メモリ規格:SDXC.Class10
* インターフェイス:SD
* メモリ容量:64GB
* 最低保証速度:10MB/sec
* 外形寸法:幅24.0mm×高さ32.0mm×奥行2.1mm
* 重量:約2.0g
* 保証期間:1年(データ復旧サービス含む)

CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット] コンパクトデジタルカメラ

CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット] コンパクトデジタルカメラ

CANON IXY 200 シルバー [コンパクトデジタルカメラ(2000万画素) + SDXCカード(64GB)セット] コンパクトデジタルカメラ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS