1. ホーム
  2. 尾崎製作所 1個 CC-2H 251.5mm 標準型シリンダゲージ
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
尾崎製作所 標準型シリンダゲージ 251.5mm CC-2H 1個
尾崎製作所 1個 CC-2H 251.5mm 標準型シリンダゲージ レーザー距離計
尾崎製作所 1個 CC-2H 251.5mm 標準型シリンダゲージ レーザー距離計
O73-0463-20949
9,085円 18,772円


この商品は、代金引換・後払いをご利用いただけません。※また土日祝の発送と、日・祝、配達時間指定などはご利用頂けません。ご了承ください。

特徴

【特長】

●丸形状案内板新規採用により内径最小値が更に容易にもとめられます

●本体ヘッド部を一体構造にし耐久性が更に向上しました

●電導子(カム)は調整子機構付きで高精度を実現しております■【仕様】

●測定範囲:35~60mm

●推奨ダイヤルゲージ:17Z、57B、15Z、5F

●有効測定範囲:1.2mm

●広範囲精度:5μm

●隣接誤差:2μm

●繰返し精密度:2μm

●換えロッド間隔:5とび6mm

●換えワッツシャ厚さ:1・2・3mmX1mm

●握り下長さ:150mm■【注意事項】

●ダイヤルゲージは付属しておりません

仕様

サイズ 251.5mm 入数 1個


CC2H
レビューを投稿する

尾崎製作所 1個 CC-2H 251.5mm 標準型シリンダゲージ レーザー距離計

尾崎製作所 1個 CC-2H 251.5mm 標準型シリンダゲージ レーザー距離計

尾崎製作所 1個 CC-2H 251.5mm 標準型シリンダゲージ レーザー距離計

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS