1. ホーム
  2. EU規格 スリップオンエキゾーストシステム マフラー本体 VFR800 G.P.R. | ジーピーアール H.24.FUNE
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
G.P.R. VFR800 マフラー本体 スリップオンエキゾーストシステム EU規格 | H.24.FUNE ジーピーアール
EU規格 スリップオンエキゾーストシステム マフラー本体 VFR800 G.P.R. | ジーピーアール H.24.FUNE マフラー
EU規格 スリップオンエキゾーストシステム マフラー本体 VFR800 G.P.R. | ジーピーアール H.24.FUNE マフラー
855318-2069562-10343
23,516円 69,412円



●メーカー名:ジーピーアール / G.P.R.
●商品名:スリップオンエキゾーストシステム EU規格 | H.24.FUNE

メーカー品番:gpr_h-24-fune

●備考
品番:H.24.FUNE
EAN: 8053045041318

HOMOLOGATED SLIP-ON EXHAUST SYSTEM
タイプ:FURORE NERO
規格公認:EU公道走行許可

Homologated FURORE NERO (BLACK) Slip-on kit with double removable db killer (baffle) for racing use,it include specific link pipe, brackets, holder and fasteners, link pipe stainless steel made (Aisi 304) and caps ERGAL made by CNC machineries while silencer body made by BLACK aluminum . Developed from GPR thanks to Moto GP and SBK races experiences, the system has a oval shape, Diam. 90x120mm, medium weight about 1,75 kg depending from motorbike of destination. GPR provide original homologation documents and instructions available as drawings or video or pictures books. If item is used in homologated configuration it doesnt require mapping, it is possible use panniers and central stand and sonda lambda boss is included when necessary. Available many sound file and pictures gallery,product is hand made in Italy, produced under European directives,it is street legal and it has 2 years of international warranty

●ご注意
※当商品は並行輸入品となります。 本国に在庫がある場合、通常3~4週間で日本に入荷します。お届けにお時間要しますので予めご了承下さい。

車種年式型式・フレームNo.その他
VFR 800 RC461998
VFR 800 RC461999
VFR 800 RC462000
VFR 800 RC462001
※商品掲載時の適合情報です。年式が新しい車両については、必ずメーカーサイトにて適合をご確認ください。

EU規格 スリップオンエキゾーストシステム マフラー本体 VFR800 G.P.R. | ジーピーアール H.24.FUNE マフラー

EU規格 スリップオンエキゾーストシステム マフラー本体 VFR800 G.P.R. | ジーピーアール H.24.FUNE マフラー

EU規格 スリップオンエキゾーストシステム マフラー本体 VFR800 G.P.R. | ジーピーアール H.24.FUNE マフラー

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS