1. ホーム
  2. ダイワ ヘラ (8/27(月)12:59まで) セール対象商品 / (D01) (O01) 12 FX
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
ダイワ ヘラ FX 12 (O01) (D01) / セール対象商品 (8/27(月)12:59まで)
ダイワ ヘラ (8/27(月)12:59まで) セール対象商品 / (D01) (O01) 12 FX ロッド・竿
ダイワ ヘラ (8/27(月)12:59まで) セール対象商品 / (D01) (O01) 12 FX ロッド・竿
4960652958714
15,821円 42,807円







■お買い物の前にご確認ください ⇒ 在庫表示/配送/送料等のご説明


製品名HERA FX / ヘラ FX
メーカーダイワ (DAIWA) / グローブライド
商品説明目指したのは、「一日釣りをして負担の少ない長竿」。特に昨今のへらぶなの大型化、そしてより繊細なアプローチが求められている今、その性能は単なるカタログスペックの軽量化では計り知れないレベルに達している。ほぼ重さが同じ竿でも、取り込みに手間取る竿と素早くへらを水面へと導かせられる竿、そしてその何倍も行う打ち返し、アワセ時にへら師の肉体に掛る負担を考えた場合、重量はその要素の一つであるにすぎないことが分かる。

ダイワは長尺の機能を釣り師視点で見直し、1枚釣ることに対する評価だけでなく、一日の釣り全体のプロセスを踏まえたトータルバランスから従来技術を精査し、さらに新たな機能を加えることで“軽さ”と“パワー”という相反する要素を克服。それが実釣での快適さを追求してきたダイワが長竿の世界に放つ新たな展開。それこそ「F」の軽さと「X」のパワーを兼ね備えた「FX」の開発コンセプト“パワー系軽量ロッド”。実釣機能で疲れ知らずということは、同じ尺ならより早く・繊細なアプローチを可能にし、さらなる釣果を求めるならより遠く・深い領域へとその攻略範囲を拡大させることができる。

パワーランクは「ヘラF」と「ヘラX」の中間。大型べらに対応するパワータイプに属する。調子は「烈火S」よりも若干胴調子にセッティング(分類的には操作性重視の先調子タイプ)。長ハリスの振り込み、チョウチンでのタメが効く近年の長尺釣法の主流を見据えた「最も汎用性が高く、クセのない」まさにいいとこ取りの調子設定。穂先は細いが張りはアップしており、振り込みのエサの飛びが安定、掛けてからのタメ性能も向上している。全体としてパワーアップしつつ、相反する軽量化にも成功。さらに「株理論」の精度向上はもちろん、「X45」「チャージリング」などのテクノロジーを新たに搭載している。


※  出荷予定日は1営業日以内にメールにてお知らせいたします。 

⇒ 他のタイプを見る

ダイワ ヘラ (8/27(月)12:59まで) セール対象商品 / (D01) (O01) 12 FX ロッド・竿

ダイワ ヘラ (8/27(月)12:59まで) セール対象商品 / (D01) (O01) 12 FX ロッド・竿

ダイワ ヘラ (8/27(月)12:59まで) セール対象商品 / (D01) (O01) 12 FX ロッド・竿

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS