1. ホーム
  2. CKD ガイド付シリンダころがり軸受 [A092321] STL-B-16-150
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
CKD ガイド付シリンダころがり軸受 STL-B-16-150 [A092321]
CKD ガイド付シリンダころがり軸受 [A092321] STL-B-16-150 その他
CKD ガイド付シリンダころがり軸受 [A092321] STL-B-16-150 その他
742-0009956
11,800円 34,829円

納期目安 (メーカーに在庫がある場合)

13:30までにご注文の場合
約3~7日後出荷(土日祝日を除く)
※表示の納期目安はあくまで目安ですのでお約束ではありません。具体的納期は都度お問い合わせください。北海道・沖縄・離島につきましては別途送料が発生致します。金額につきましてはご注文後当店よりご連絡させていただきます。ご注文前にお問い合わせいただければ送料金額を前もってお伝えする事が可能です。★「取寄品」です!ご注文後[商品欠品]及び[商品完売(廃番)]が発生する場合がございます。あらかじめご了承の上ご注文お願いいたします!

CKD ガイド付シリンダころがり軸受 [A092321] STL-B-16-150 その他

CKD ガイド付シリンダころがり軸受 [A092321] STL-B-16-150 その他

CKD ガイド付シリンダころがり軸受 [A092321] STL-B-16-150 その他

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS