1. ホーム
  2. 大型モダンフロアベッド ワイドK260(SD+D) スタンダードポケットコイルマットレス付き アントレ ENTRE
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
大型モダンフロアベッド ENTRE アントレ スタンダードポケットコイルマットレス付き ワイドK260(SD+D)
大型モダンフロアベッド ワイドK260(SD+D) スタンダードポケットコイルマットレス付き アントレ ENTRE ベッドフレーム
大型モダンフロアベッド ワイドK260(SD+D) スタンダードポケットコイルマットレス付き アントレ ENTRE ベッドフレーム
040115754-6098
23,034円 97,125円




















【ご注文について】

お客様のご都合による商品のキャンセル・交換・返品は一切承っておりません。ご注文の際はサイズやカラー等を慎重にお選びの上、ご注文願います。


【納期について】

ご注文(ご入金)確認後2~5営業日前後の出荷予定

※商品によっては一時的な欠品・取り寄せ等の理由により、上記出荷予定より更に時間がかかる場合がございます。また、当該商品は他店舗でも在庫を共有しておりますので、在庫更新のタイミングにより在庫切れの場合、やむを得ずキャンセルさせて頂く可能性があります。

【送料について】

こちらは『送料無料』 が適用されます。(但し、[送料無料]の表示があっても、北海道・沖縄県・離島への配送をご希望の場合、別途送料が発生する場合がございます。尚、送料は自動計算されませんので、ご注文確認後、メールにてご連絡の上、送料の訂正を行わせて頂きます。)

※離島やお届け先の地域によっては、ご注文・配送を承ることが出来ない場合があります。

※『異なる同梱区分(A~K)等の商品』を一緒にご注文頂いた場合同梱が出来ず別配送となり追加送料がかかりますので、ご注文後に訂正の上ご連絡致します。(送料は自動計算されず出荷は保留扱いとなります)

【ご注意】

こちらはお支払いに代金引換をご利用になれません。大型家具等の大きな商品は、お届け時の搬入経路のご確認をお願い致します。商品の搬入が出来ない等トラブル時の補償や対応は一切承ることが出来ません。また、商品によっては配送時間帯指定ができないものや、[午前]・[午後]といった、おおまかな時間帯しか指定できないもの、午前中や17時以降の配送が出来ないものもございます。商品によっては、一部地域では配達日が限定される場合もございます。(配送に日数がかかる場合があります)ご注文前にお問い合わせ願います。ご注文確定後にお届け先を変更される場合(お届け先のお間違いも含みます)や、商品出荷後にお届け先を変更される場合、配送業者所定の転送料がかかります。(高額となる場合もございます)商品名に組立設置という記載がない商品の組立てや設置のサービス等は行っておりません。商品は製造メーカーより直送となります。配送業者はご指定不可。















































>>>大型商品をご購入の場合はこちらをご確認ください



■関連商品はこちら

スタンダードポケットコイルマットレス付き(クイーン(SS×2):レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(キング(SS+S):レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(ワイドK200:レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(ワイドK220(S+SD):レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(ワイドK240(SD×2):レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(ワイドK280:レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(シングル:レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(セミダブル:レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(ダブル:レギュラー丈)

スタンダードポケットコイルマットレス付き(セミシングル:レギュラー丈)





大型モダンフロアベッド ワイドK260(SD+D) スタンダードポケットコイルマットレス付き アントレ ENTRE ベッドフレーム

大型モダンフロアベッド ワイドK260(SD+D) スタンダードポケットコイルマットレス付き アントレ ENTRE ベッドフレーム

大型モダンフロアベッド ワイドK260(SD+D) スタンダードポケットコイルマットレス付き アントレ ENTRE ベッドフレーム

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS