1. ホーム
  2. 【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス 【大型犬/子犬/ドックフード】 15kg チキン&玄米 大型犬用 子犬用 ドックフード プレミアムチキン
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス プレミアムチキン ドックフード 子犬用 大型犬用 チキン&玄米 15kg 【大型犬/子犬/ドックフード】
【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス 【大型犬/子犬/ドックフード】 15kg チキン&玄米 大型犬用 子犬用 ドックフード プレミアムチキン ドッグフード
【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス 【大型犬/子犬/ドックフード】 15kg チキン&玄米 大型犬用 子犬用 ドックフード プレミアムチキン ドッグフード
1628
8,631円 11,508円


商品説明
特徴良質なタンパク質と脂質を調整し、大型犬の子犬の健康な発育のために栄養バランスに配慮しています。消化吸収の健康維持のため、おなかにやさしい乾燥チキンや米などを使用し、ビートパルプを配合し良質な食物繊維のバランスに配慮しています。大型犬の子犬の健康な骨格の発育や、健康な脳の発育と視力の健康維持のために、カルシウムとリンのバランスに配慮し、DHAを豊富に含むフィッシュオイルを使用しています。また、健やかで美しい皮膚・被毛の健康維持のために、リノール酸を豊富に含む鶏脂や亜鉛を配合しています。
なお、ニュートロ®の高い製造技術により、芯までふやけやすい粒設計を実現しており、ふやかして与えることもできます。妊娠中・授乳中の母犬や、高栄養要求時の愛犬にも最適な栄養バランスです。

消化吸収の健康維持
良質なタンパク質や、玄米やオートミールなど、バランスの良い食物繊維の組み合わせで、消化吸収の健康維持に配慮。

健康な脳の発育と、視力の健康維持
子犬の健康な脳の発育と、視力の健康維持に必要なDHAを豊富に含むフィッシュオイルを配合。

第一主原料にチキン生肉を使用
チキン生肉を使用し、抜群のおいしさを実現。

独自の抗酸化成分配合
発育中の子犬の健康を維持し免疫力を維持するため、ニュートロ®独自の抗酸化成分を配合。

子犬の健康な発育
厳選した高品質なチキン等を使用することで、タンパク質と脂質のバランスを調整。

皮膚・被毛の健康維持
リノール酸を豊富に含む鶏脂や亜鉛を配合し、皮膚・被毛の健康維持をサポート。

ふやけやすい粒
ニュートロ®の高い製造技術により、芯までふやけやすい粒設計を実現。

大型犬の子犬の健康な骨格の発育
子犬の健康な骨格の発育のために必要なカルシウムとリンのバランスに配慮。また、大きくなる体を支える関節の健康維持のため、グルコサミン・コンドロイチンを豊富に含むチキンを使用。
オススメ犬種 大型犬の子犬〰18ヶ月齢 妊娠中・授乳中の大型犬の母犬
原材料チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、オートミール、米糠、エンドウタンパク、鶏脂*、タンパク加水分解物、ビートパルプ、フィッシュオイル*、ひまわり油*、大豆油*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

・代謝エネルギー 約370kcal/100g
保証成分値タンパク質:26.0%以上 脂質:15.0% 以上 粗繊維:3.0%以下 灰分:10.0%以下 水分:10.0%以下 リノール酸:3.5%以上 亜鉛:250mg/kg以上カルシウム:1.0% 以上 リン:0.9%以上 ビタミンE:250IU/kg 以上DHA・EPA:0.1% 以上 グルコサミン:150mg/kg 以上 コンドロイチン:350mg/kg 以上
原産国アメリカ

【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス 【大型犬/子犬/ドックフード】 15kg チキン&玄米 大型犬用 子犬用 ドックフード プレミアムチキン ドッグフード

【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス 【大型犬/子犬/ドックフード】 15kg チキン&玄米 大型犬用 子犬用 ドックフード プレミアムチキン ドッグフード

【送料無料】ニュートロ ナチュラルチョイス 【大型犬/子犬/ドックフード】 15kg チキン&玄米 大型犬用 子犬用 ドックフード プレミアムチキン ドッグフード

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS