1. ホーム
  2. コロンビア(Columbia) ジャケット (メンズ) PM0033010 マウンテンズアーコーリング2ジャケット アウター
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
コロンビア(Columbia) ジャケット アウター マウンテンズアーコーリング2ジャケット PM0033010 (メンズ)
コロンビア(Columbia) ジャケット (メンズ) PM0033010 マウンテンズアーコーリング2ジャケット アウター アウター
コロンビア(Columbia) ジャケット (メンズ) PM0033010 マウンテンズアーコーリング2ジャケット アウター アウター
207710468011-23968
12,298円 36,300円




●長期間の防水機能を維持する、コロンビア最上級クラスの防水透湿ジャケット【2021年春夏モデル】【2021ssmodel】【コロンビア】【COLUMBIA】【トレッキングウエア】【アウター】【Men's】【Mens】【メンズ】【めんず】【男性】【黒】【ブラック】【Columbia210423】【colpoint】【Columbia】

●素材:ナイロン100%
【コロンビアメーカーサイズチャート】※商品によってサイズが異なる場合が御座います。
●サイズ:【XSサイズ】身長153~163cm 胸囲81~86cm 【Sサイズ】身長160~170cm 胸囲84~91cm 【Mサイズ】身長168~178cm 胸囲89~96cm 【Lサイズ】身長175~185cm 胸囲94~101cm 【XLサイズ】身長182~192cm 胸囲99~106cm
【実寸サイズ】
●Mサイズ詳細:【着丈】71.5cm 【肩幅】45cm 【身幅】54.5cm 【袖丈】67.5cm
●ベトナム製
●耐久撥水加工
●ポリカーボネートの防水透湿素材により透湿性が向上・加水分解による経年劣化が遅く、性能が長持ち
●ニットの裏地素材によりしなやかな着心地
●ヘルメット着用に対応したフード
●左右首元と後頭部にフードのフィット感を高めるドローコード
●左右ポケット内にエクストラポケット
●袖口のフィット感を調節するベルクロ
●冷気の侵入を防ぐ左右裾のドローコード
●フロント・ポケットファスナー裏には水の侵入を最小限に抑えるレインガーター
●左右ポケット下にレインガーターで侵入を防いだ水を排出するドレインホール
●スタッフバッグ付き
●透湿性、耐久性に優れた、天候に左右されない登山向け防水ジャケット
●無雪期のアルプス縦走にも対応する防水透湿素材の防水ジャケット。軽量ながらしっかりした3層生地により、数日に及ぶ縦走登山にも耐えうる作りになっています。稜線上の強い風雨もシャットアウトし、身体を濡れや冷えから守ります。2wayストレッチ生地とニットの裏地が体の動きに合わせて伸びるので、ストレスフリーな着心地を実現しました。ヘルメット着用に対応したフード、ベンチレーションとしてウェア内の換気を促す内側メッシュのハンドポケットなど、使い勝手も考えられたジャケットです。

【商品の購入にあたっての注意事項】
※弊社独自の採寸・計量方法により計測を行っておりますため、多少の誤差が生じる場合がございます。
※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます。
※ブラウザやお使いのモニター環境により、掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります。
掲載の価格・製品のパッケージ・デザイン・仕様について、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。MトレッキングColumbia(並



コロンビア(Columbia) ジャケット (メンズ) PM0033010 マウンテンズアーコーリング2ジャケット アウター アウター

コロンビア(Columbia) ジャケット (メンズ) PM0033010 マウンテンズアーコーリング2ジャケット アウター アウター

コロンビア(Columbia) ジャケット (メンズ) PM0033010 マウンテンズアーコーリング2ジャケット アウター アウター

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS