1. ホーム
  2. グロンドマン国産シートカバー EJ650A1/C1) W650(99年 W650 【無料雑誌付き】グロンドマン 張替(エンボスイエロー) Grondement 仕様:黄パイピング
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【無料雑誌付き】グロンドマン W650 W650(99年 EJ650A1/C1) グロンドマン国産シートカバー 張替(エンボスイエロー) 仕様:黄パイピング Grondement
グロンドマン国産シートカバー EJ650A1/C1) W650(99年 W650 【無料雑誌付き】グロンドマン 張替(エンボスイエロー) Grondement 仕様:黄パイピング シート
グロンドマン国産シートカバー EJ650A1/C1) W650(99年 W650 【無料雑誌付き】グロンドマン 張替(エンボスイエロー) Grondement 仕様:黄パイピング シート
200379-776659
6,631円 11,052円


●メーカー名:グロンドマン / Grondement
●商品名:W650(99年 EJ650A1/C1) グロンドマン国産シートカバー 張替(エンボスイエロー)
●仕様:黄パイピング

・仕様:黒パイピング
・仕様:白パイピング
・仕様:赤パイピング
・仕様:青パイピング
・仕様:透明ステッチ
・仕様:黒ステッチ
・仕様:赤ステッチ
・仕様:透明ダブルステッチ
・仕様:黒ダブルステッチ
・仕様:赤ダブルステッチ

メーカー品番:GH5556KC250P100
JANコード:4573317866738

●仕様
張替

●カラー
本体:エンボスイエロー

●備考
車種毎に専用の型から制作している全てグロンドマン生産のグロンドマンオリジナルのシートカバーです。
型の制作から生地の仕入れ・裁断・縫製までを一貫してグロンドマンで行っており、限りなく品質を追求したシートカバーとなっております。
耐久性を考慮して厚めの生地を使用。張替え後の質感は最高の仕上がりとなります。
本製品はタッカーでシートに貼り付けていく仕様となっております。
張替作業には、元のシート表皮を外す為のマイナスドライバーとラジオペンチ、またシート本体にタッカー針を打ち込む為のハンドタッカーが必要となります。
張替作業のイメージはグロンドマンのシートカバーカタログページを見てみて下さい。
またこちらのページには様々なカラーバリエーションのシートカバーラインナップが掲載されています。
本製品以外のカラーも探してみて下さい。(車種によりカラー設定が異なる場合が御座います。)

●ご注意
※純正品以外のシートには取り付け出来ませんので、お求めの際はご自身の車両のシートが純正かどうかをお確かめ下さい。
※本製品はシート本体は含まれておりません。
※取り付けにはタッカーが必要になります。取り付けの際に製品によっては本製品のシートカバーが小さく感じる場合が御座いますが、これは張替え後の質感を考慮した上で、あえてタイトにシートカバーを制作している為です。
※受注生産品となります。時期、天候、運送状況により予告無く納期が変動する場合が御座います。商品の延着による保証は一切致しかねますので、予めご了承願います。

●写真注意
※画像はイメージ画像となります。車種によりパイピングの位置や本数が異なりますので予めご了承願います。カラーパターンに関しましては商品説明を御覧ください。

車種年式型式・フレームNo.その他
W6501999EJ650A1/C1
※商品掲載時の適合情報です。年式が新しい車両については、必ずメーカーサイトにて適合をご確認ください。

グロンドマン国産シートカバー EJ650A1/C1) W650(99年 W650 【無料雑誌付き】グロンドマン 張替(エンボスイエロー) Grondement 仕様:黄パイピング シート

グロンドマン国産シートカバー EJ650A1/C1) W650(99年 W650 【無料雑誌付き】グロンドマン 張替(エンボスイエロー) Grondement 仕様:黄パイピング シート

グロンドマン国産シートカバー EJ650A1/C1) W650(99年 W650 【無料雑誌付き】グロンドマン 張替(エンボスイエロー) Grondement 仕様:黄パイピング シート

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS