1. ホーム
  2. スニーカー PATRICK 【返品送料無料】パトリック クール・スタジアム パープル系/シーズン限定 LVD 日本製 メンズ・レディース SS21) (272109 C-STADIUM
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
【返品送料無料】パトリック PATRICK スニーカー クール・スタジアム C-STADIUM (272109 SS21) メンズ・レディース 日本製 LVD パープル系/シーズン限定
スニーカー PATRICK 【返品送料無料】パトリック クール・スタジアム パープル系/シーズン限定 LVD 日本製 メンズ・レディース SS21) (272109 C-STADIUM スニーカー
スニーカー PATRICK 【返品送料無料】パトリック クール・スタジアム パープル系/シーズン限定 LVD 日本製 メンズ・レディース SS21) (272109 C-STADIUM スニーカー
10066907
9,317円 16,940円




靴によって大きさって違いますよね?
◆サイズ選びにお悩みの方◆
当店調べではありますがサイズ目安表をご用意しました。
ご購入の際のご参考にご利用下さい。
基準値は?(当店参考値です)
・アディダス スタンスミス
 普通/やや幅狭
・コンバース ジャックパーセル
 普通/やや幅狭
・バンズ 全般
 普通/普通
・パトリック スタジアム
 普通/やや幅狭
・グラビス ターマック
 普通/普通
・レッドウィング(Dワイズ)
 やや大きい/普通
※上記値は当店スタッフが着用した感じでの値です。サイズ選びの際の目安としてあくまでもご参考までにご活用ください。

[ ブランド ] パトリック  PATRICK

[ ジャンル ]スニーカー

[ 素  材 ]アッパー:ナイロンメッシュ/ベロア

メッシュ素材で通気性の良い「C-STADIUM」

PATRICK(パトリック)は1892年、西仏プソージュ村の靴職人パトリック・ベネトゥが息子達と靴を作り始めたことからスタートします。1972年にはトレードマークである「2本ライン」が誕生し、ブランドイメージは更に強烈になりました。現在、PATRICKはその拠点を日本へと移し、フランスのスピリットを受け継いだジャパンメイドのスニーカーとしてファッションピープルからの注目を浴び続けています。

春夏シーズンの代表格モデル『C-STADIUM』。アッパーには通気性の良いメッシュ素材を使用。ジョギングシューズをリメイクした人気定番「STADIUM」をベースに、ワッフル調のメッシュ素材をアッパーに採用。軽量で通気性が良く、見た目も履き心地も涼やか。袋縫い製法によりフィット感のある仕上がりを実現しました。どんなコーディネートにも合わせやすく上品なラベンダーカラーで足元を華やかに彩ってください。

靴/シューズ/フットウェア/shoes/sneaker/footwear/メイドインジャパン/メンズ/レディース

※在庫の管理には万全を期しておりますが、実店舗との在庫共有や仕入先様在庫状況の変化により売り違いが発生してしまう場合もございます。誠に恐れ入りますがご理解の上、ご了承下さい。



スニーカー PATRICK 【返品送料無料】パトリック クール・スタジアム パープル系/シーズン限定 LVD 日本製 メンズ・レディース SS21) (272109 C-STADIUM スニーカー

スニーカー PATRICK 【返品送料無料】パトリック クール・スタジアム パープル系/シーズン限定 LVD 日本製 メンズ・レディース SS21) (272109 C-STADIUM スニーカー

スニーカー PATRICK 【返品送料無料】パトリック クール・スタジアム パープル系/シーズン限定 LVD 日本製 メンズ・レディース SS21) (272109 C-STADIUM スニーカー

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS