1. ホーム
  2. エンボス灰&ダーク灰 国産シートカバー MT-09/FZ-09 MT-09 グロンドマン タイプ:張替 Grondement 仕様:黒ステッチ
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
グロンドマン MT-09 MT-09/FZ-09 国産シートカバー エンボス灰&ダーク灰 タイプ:張替 仕様:黒ステッチ Grondement
エンボス灰&ダーク灰 国産シートカバー MT-09/FZ-09 MT-09 グロンドマン タイプ:張替 Grondement 仕様:黒ステッチ シート
エンボス灰&ダーク灰 国産シートカバー MT-09/FZ-09 MT-09 グロンドマン タイプ:張替 Grondement 仕様:黒ステッチ シート
20746-61209-24186
6,456円 10,760円



●メーカー名:グロンドマン / Grondement
●商品名:MT-09/FZ-09 国産シートカバー エンボス灰&ダーク灰
●タイプ:張替 仕様:黒ステッチ

・タイプ:張替 仕様:黒ダブルステッチ
・タイプ:張替 仕様:赤ステッチ
・タイプ:張替 仕様:赤ダブルステッチ
・タイプ:張替 仕様:透明ステッチ
・タイプ:張替 仕様:透明ダブルステッチ

メーカー品番:GH5562YC1251S10
JANコード:4573317780782

●特徴
国内(日本)生産品。

●備考
【張替仕様】
車種専用設計品です。
シートの型の制作から生地の仕入れ、裁断、縫製迄を全て国内(グロンドマン社)で行っており、グロンドマンスタッフが一切の妥協をする事無く製作した国産シートカバーです。
張替えの際は車両のシートを忠実に再現している為、張替え後の質感は最高の仕上がりとなります。
張替えはハンドタッカー(それの芯)と薄めのマイナスドライバーとラジオペンチ(芯を抜く為)があれば出来ます。
一度覚えると出来ますので、色んなデザインのシートカバーを張ってみたくなる・・かもしれません。(張替え作業はタッカーの芯で怪我をしないよう注意して下さい。)

【被せ仕様】
工具要らず!被せるだけのシートカバーです。
装着後はまるでシートカバーを張り替えたかのような質感です。
生地の仕入れから裁断・縫製もグロンドマン社で管理しており、この品質はグロンドマンだからこそ出来る業です。
工具無しでシートのイメージを一新出来るグロンドマン国産シートカバーを是非、一度お試し下さい。

●ご注意
【張替仕様】
本製品にはシートアッセンブリー(シート本体)は含まれておりません。
本製品の取り付けの際はタッカーが必要です。
車種専用設計品で張替え後の質感を重視して制作しています。
張替えの際に「少しシートカバー小さく無いか」と思われるかもしれませんが、品質を考えた上で車両のシートを忠実に再現して製品を制作いる為となりますのでご了承願います。
なお、お客様の車両のシートが社外品だった場合は取り付けが出来ない場合が御座いますので、ご購入前にチェックして頂く必要があります。
生地やその他素材(パイピング等)の色目は仕入れ時期により若干変更となる場合が御座います。

【被せ仕様】
本製品にはシートアッセンブリー(シート本体)は含まれておりません。シート表皮のみの販売となります。
本製品は被せるだけで装着が可能ですが、装着後の質感を重視して制作しております。
「このシートカバー少し小さく無いか」と思われるかもしれませんが、これは被せ後の質感を張替え同様の美しさに仕上げる為です。
その為、シートの形状により取り付けに力がいる場合が御座いますのでご注意下さい。
車種専用設計品です。
お客様の車両のシートが社外品だった場合は取り付けが出来ない場合が御座いますので、ご購入前にチェックして頂く必要があります。
生地やその他素材(パイピング等)の色目は仕入れ時期により若干変更となる場合が御座います。

●写真注意
※画像はカラーイメージです。
カラーの詳細につきましては商品説明文もあわせてご確認下さい。

車種年式型式・フレームNo.その他
MT-09/FZ-09
※商品掲載時の適合情報です。年式が新しい車両については、必ずメーカーサイトにて適合をご確認ください。

エンボス灰&ダーク灰 国産シートカバー MT-09/FZ-09 MT-09 グロンドマン タイプ:張替 Grondement 仕様:黒ステッチ シート

エンボス灰&ダーク灰 国産シートカバー MT-09/FZ-09 MT-09 グロンドマン タイプ:張替 Grondement 仕様:黒ステッチ シート

エンボス灰&ダーク灰 国産シートカバー MT-09/FZ-09 MT-09 グロンドマン タイプ:張替 Grondement 仕様:黒ステッチ シート

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS