1. ホーム
  2. MACRO [IF] Aspherical LD VC II Di F/3.5-6.3 AF18-270mm TAMRON/タムロン (Model ※中古 レンズ (ニコン用) B003)
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
TAMRON/タムロン AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model B003) (ニコン用) レンズ ※中古
MACRO [IF] Aspherical LD VC II Di F/3.5-6.3 AF18-270mm TAMRON/タムロン (Model ※中古 レンズ (ニコン用) B003) カメラ用交換レンズ
MACRO [IF] Aspherical LD VC II Di F/3.5-6.3 AF18-270mm TAMRON/タムロン (Model ※中古 レンズ (ニコン用) B003) カメラ用交換レンズ
105s-210419-ka013-9836
9,982円 18,150円











□内容品:タムロン AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO (Model B003) 
     レンズキャップ、リアキャップ、フード
    ※画像にあるもので全てです。

□保証:なし ※当方での発行や記入などは致しかねます。

□備考
 ・対応マウント:ニコンFマウント系
 ・レンズタイプ:望遠ズーム
 ・フォーカス:AF/MF
 ・詳細レンズタイプ:ズーム
 ・APS-C専用:○
 ・レンズ構成:13群18枚
 ・絞り羽根枚数 :7 枚
 ・焦点距離:18~270 mm
 ・最短撮影距離:0.49 m
 ・最大撮影倍率:1:3.5 倍
 ・開放F値:F3.5-6.3
 ・画角:75-5 度
 ・手ブレ補正機構:○

□動作確認内容
 ・当方所持のカメラにて、通電及び起動確認済
             ズーム全域のAF動作の確認
             絞り動作確認
             レンズロック確認
             手振れ補正VC切り替えの確認

 ※動作確認内容以外に不良があった場合の当方の対応は
  返品・返金のみの対応となります。

□状態
 ・レンズ外観は使用感も少なくキレイな方です。
 ・ラバー部分べた付き無し
 ・マウント部分目立つ傷はありません。
 ・レンズ内部は、若干チリやホコリの混入があります。
 ・レンズフードの設置部分に欠けが有りますが、フードの脱着取付けは可能です。

 ※クリーニングや消耗品の交換が必要な場合は購入者様でご対応ください。
 ※画像では判別しづらいUSED品特有の薄い汚れや薄いキズ、細かいキズなどある場合があります。

 ※上記のことをご理解・ご納得いただける方のみご購入お願いします。

MACRO [IF] Aspherical LD VC II Di F/3.5-6.3 AF18-270mm TAMRON/タムロン (Model ※中古 レンズ (ニコン用) B003) カメラ用交換レンズ

MACRO [IF] Aspherical LD VC II Di F/3.5-6.3 AF18-270mm TAMRON/タムロン (Model ※中古 レンズ (ニコン用) B003) カメラ用交換レンズ

MACRO [IF] Aspherical LD VC II Di F/3.5-6.3 AF18-270mm TAMRON/タムロン (Model ※中古 レンズ (ニコン用) B003) カメラ用交換レンズ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS