1. ホーム
  2. 230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 (800枚) LZ-16 ラミジップ セイニチ 冷蔵冷凍可 (時間指定不可) 生産日本社
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
セイニチ ラミジップ LZ-16 (800枚) 230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 冷蔵冷凍可 生産日本社 (時間指定不可)
230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 (800枚) LZ-16 ラミジップ セイニチ 冷蔵冷凍可 (時間指定不可) 生産日本社 その他
230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 (800枚) LZ-16 ラミジップ セイニチ 冷蔵冷凍可 (時間指定不可) 生産日本社 その他
LZ-16-28755
12,239円 25,289円






チャック付ラミネートスタンドパックです。冷蔵、冷凍製品、農水産加工品、日用雑貨品など幅広い用途でご利用いただけます。

セイニチラミジップLZ-16

サイズ(外寸):32mm(チャック上)+230mm(チャック下)×160mm(袋巾)+47mm(底)
内容量:約970cc
数量:800枚(50枚×16包)

フィルム材質:NY15/PE100(ナイロンポリ)
フィルム厚さ:0.115mm
シール幅:7mm
四角完全Rカット

セイニチ・ラミジップLZは、ナイロンポリフィルムを使用し、耐衝撃性に優れたスタンドタイプの規格袋です。

チャック側が開いたタイプですので、商品はチャック側から入れ、チャックの上部分をシーラーにより熱溶着、密閉することができます。

【袋サイズについて】
商品名のサイズは通常、外寸表記となります。袋サイズは内容物に対して余裕をもってお選びください。どのサイズを選べば良いかがわからない場合などは、少量でしたらサンプル発送も可能です。

ご注文商品の返品・交換は一切致しておりませんので、あらかじめサンプル品にてサイズ確認されることをおすすめします。

※ガスバリアーフィルムではありませんので、エージレス包装には適しておりません。



【特長】
(1)自立タイプ(スタンドパック)ですので、店頭で高いディスプレイ効果を発揮します。

(2)袋の使用温度範囲が-40℃~+90℃となっており、低温にも強く、冷凍・冷蔵に適します。

(3)再封性のある便利なチャック付きです。

※商品写真はイメージです。



この商品を買った人は、こちらの商品にも興味を持っています。


FT-230 富士インパルス 厚物ガゼット袋用シーラー


【関連商品】
●ラミグリップOP(スタンド)
●ラミグリップLGBP(バリアPET)
●ラミジップLZ(スタンド)
●ラミジップFW(スタンド)
●ラミジップBY(スタンド)
●ラミジップAL(スタンド)
●ラミジップAL-W(スタンド)
●ラミジップMY(スタンド)
●ラミジップMA(スタンド)
●ラミジップLZBS(スタンド)
●ラミジップKR(クラフト)
●ワイドボックス袋WB/WBAL
●セイニチチャック袋
●トップページに戻る


業務用商品のため、商品特性上、ご注文確定後の商品の変更・交換・返品・キャンセル等には原則として対応いたしかねます。大変おそれいりますが、ご理解ご了承のほど、お願い申し上げます。


230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 (800枚) LZ-16 ラミジップ セイニチ 冷蔵冷凍可 (時間指定不可) 生産日本社 その他

230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 (800枚) LZ-16 ラミジップ セイニチ 冷蔵冷凍可 (時間指定不可) 生産日本社 その他

230×160+47mm(底)ナイロンポリスタンドチャック袋 (800枚) LZ-16 ラミジップ セイニチ 冷蔵冷凍可 (時間指定不可) 生産日本社 その他

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS