1. ホーム
  2. GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】
GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】 ユーティリティ
GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】 ユーティリティ
C-GTUTBI-PJXLZ--36219
16,397円 48,400円


【OVDゴルフカスタムクラブ】
GTD ユーティリティ Black Ice UT/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/2020年12月発売

プレーを優しくさせるだけでなく、長いパー4やパー3では攻める武器になります

【ヘッド】
GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT
ロフト角(ライ角):19°(59.5°)/21°(59.5°)/24°(60°)

【シャフト】
タイトル、商品画像記載のシャフトよりお選びください
※シャフトメーカー新品。スペックについては『シャフト一覧』にてご確認ください。
【カスタム内容】
※長さ、グリップ、他、選択肢にてご指定ください。
その他、ご要望がございましたら別途備考欄にご記入お願いします。
可能な限りご要望にお応えいたしますが、一部有料となる場合もございますのでご了承くださいませ。
※標準グリップ以外にも変更可能です。

※各種グリップ取り扱っておりますので、変更をご希望の場合『選択可能グリップはコチラ』をご参照下さい。
※シャフトロゴはアドレス時に下に向くように組立いたします。
【お支払方法】
カスタムオーダー品に関しましては商品の特性上キャンセルをお受けできません。また、代金引換でのお取引に対応しておりません。
予めご了承下さいませ。
【備考】
※当方選択肢にないご希望に関しましては別途備考欄にご記入頂くか、事前にご連絡をお願い致します。
OVD GOLF店 0796-24-0899(TEL・FAX)
商品担当:川原
【納期について】
1) 予約の場合の納期
説明文内記載の入荷予定日以降入荷⇒組み立て⇒発送となりますので、メーカー都合等により入荷が遅れる可能性もございます。
入荷の期日、発送につきましてはご購入者様には決まり次第メールにてご連絡させていただきます。

ご理解いただき、余裕を持ってのご注文をお願いいたします。
2) 予約以外の通常時
現在人気商品の為、パーツ欠品などが無い場合でも、組み立てに1週間~10日のお時間を頂戴しております。
※パーツ欠品の場合1ヶ月程度納期が遅れる場合が御座いますのでご理解とご了承をお願いします。


GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】 ユーティリティ

GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】 ユーティリティ

GTD/ユーティリティ/Black_Ice_UT/ブラックアイス/PROJECT_X_LZ/プロジェクトX_LZ/TRUE_TEMPER/トゥルーテンパー/OVDカスタム/代引NG【05P18Jun16】 ユーティリティ

「物を拡大して見ると何が見えてくるのか?」この欲求を満たすべく色々な工夫で発明がなされてきました。この一つが光学顕微鏡です。人の目は、せいぜい0.2mm程度の大きさしか識別できません。光学顕微鏡は、人の目には見えない小さな「物」を、ガラスレンズの組み合わせで拡大することにより明らかにしてくれます。しかし、拡大率(倍率)をどんどん上げていけば、原子まで識別できるかといえばそれの答えは残念ながら「no」です。照明に光を使った光学顕微鏡では、小さな構造を識別する能力(分解能)が低いのです。光の波長よりも小さな構造を識別できないからです。

この限界を破ったのが、ドイツのルスカ等の技術者です。彼等は光のかわりに電子線を照明に用いた「電子顕微鏡」を発明しました。光学顕微鏡とは比べ物にならないほどの高い倍率で小さな構造を見ることができるようになり、現在では原子の並びを識別が出来るまでに成りました。

youtube
  • facebook
  • twitter
    @jeol_japan
  • twitter
    @jeol_rokumaru
  • uimr.ba RSS